前へ
次へ

医療現場の国際化と看護理念を考える

看護師にとって重要なコミュニケーション能力は、経験により強化されるため、積極的に対象者にかかわっていく姿勢が重要です。
グローバルな視点や技術を持った看護師は、これからの日本では、特殊な存在ではなくなっていきます。
そのため、すべての看護師が、日本人や外国人の区別なく、最良のケアを行う能力を身につけることが大切になります。
看護の理念というのは、世界共通であり、その技術は広くグローバルにいかされるべきものとされているわけです。
ある時は、日本国内へ医療インバウンドで訪れた患者であったり、日本語のわからない在留外国人であったりと、さまざまな人に対して看護をおこないます。
またある時には、海外の災害現場や難民キャンプ、途上国の医療援助に参加するために海を越えることもあります。
さらに、人材不足が深刻化している日本では、同僚が外国人看護師というケースも増え、看護のグローバル化もますます進んでいるのが実情です。

Page Top