前へ
次へ

生活の質を上げることも医療の目的です

ここ数年の医療におけるニーズは多様化しています。
医療とは病気を完全に治すことを目標としてきました。
しかし高齢化社会が訪れ、生活習慣病や老化に伴う症状に苦しむ人が増加し続けていることから、生活の質に目が向けられるようになったのです。
病気に対して手術をするべきかどうかなどの選択をしなければならない場合があります。
そのような場合でも安易に決めず、セカンドオピニオンを活用して治療への理解を深めておくことが肝心です。
そして生活の質の向上や症状の改善の為には、看護師や栄養士などとの協力も重要になります。
治療を受ける医療機関を選ぶ際には、ケア体制の充実した病院を選んだ方が無難です。
更に安心して任せられる、かかりつけの医師を見つけておくことも必要です。
良いかかりつけ医としての条件は、円滑なコミュ二ケーションが可能なことです。
そのような医師なら信頼関係も生まれやすく、こちらの要望に沿った医療が受けられる可能性も高まります。

Page Top